Pro Multiband Dynamics

MainPluginProMultibandDynamics

サウンドの形成

限りなくゼロに近いレイテンシー、7.1マルチチャンネルのサポート、そしてサウンドを高精度にコントロールして形成する独自機能を特徴とするPro Multiband Dynamicsは、パワフルなPro Series 64ビットAAXプラグインで、マスター品質のサウンドを簡単に実現できます。

最大4つの周波数帯でオーディオを圧縮したり拡張したりすることで、素晴らしいサウンド・ミックスをすばやく形成できます。スレッショルドをまたいだ信号にのみ上方拡張または下方圧縮を適用することで、精密にコントロールできます。各帯域をさらに処理するために、別々のバスに出力することもできます。また、使いやすいインターフェース、グラフィック周波数帯のディスプレイ、多目的に使えるメーターなど、完璧なサウンドにさらに磨きをかけるために必要だと考えられているあらゆる機能を備えています。

Pro Multiband DynamicsはPro Tools | HD All Access Bundleに含まれており、アクセスおよび使用するにはPro Tools | HDの年間アップグレード&サポート・プランが必要です。

ビデオを見る

特長

  • アップワードとダウンワードのコンプレッション/エクスパンション

    4つの周波数帯(低、中低、中高、高)のそれぞれに適用して、コントロールします。

  • サイドチェーン・プロセッシング
    帯域ごとにサイドチェーン・プロセッシングを有効にして、高度な技術を活用できます。 
  • コンプレッションやエクスパンションの自動トリガー
    信号がスレッショルドの設定を上回るか下回ると、周波数帯ごとにコンプレッションまたはエクスパンションが自動的にトリガーされます。
  • オーディオをすばやく分析し、最適化
    使いやすいFFTベースのダイナミクス・インターフェース**を使用して、スレッショルド、デプス、ゲイン、各帯域の周波数などをコントロールできます。
  • Aux Output Stem

    他のトラックでさらに処理できるように、各周波数帯(ポストダイナミクス)をルーティングします*。

  • Pro Multiband Splitter

    この付属のプラグインを使うと、ダイナミクス・プロセッシングを行うことなく、元のソース信号からAUXインプット・トラックへ各周波数帯をルーティングして帯域ごとに信号を処理できます*。

  • ノイズの低減

    対象オーディオの周波数成分が、通常、明確に定義されているポスト・プロダクション・ダイアログにおいて、下方拡張は最適な方法です。

* ルーティング機能は、Pro ToolsのAudioSuiteではサポートされていません。

** 使用するプラグインのフォーマットやホスト・アプリケーションによっては、一部の機能を利用できない場合があります。

システム要件

 Windows
 OS  Windows 8、Windows 7
 Mac
 OS Mac OS 10.11.x、Mac OS 10.10.x、Mac OS 10.9.x、
Mac OS 10.8.x、Mac OS 10.7.x
 ソフトウェア
 Pro Tools  Pro Tools 12.x、Pro Tools 11.x
 その他
 対応サンプル・レート 最大レート: 192 k
 コピー・プロテクション 要iLok2

仕様

 プラグインの種類
 Dynamics
 フォーマット
 AAX Native 64
 AAX DSP 64
 AAX AudioSuite 64

ご注意

Pro Multiband Dynamicsは、並列ダイナミクス・プロセッシングには推奨されません。処理される信号と処理されない信号との間で位相の問題が発生する可能性があるためです。多くのマルチバンド・コンプレッサーと同様に、Pro Multiband Dynamicsは、最小位相フィルターを使用して、低レイテンシー・プロセッシングを効率的に実現します。ただしこれにより、並列処理されていない信号と位相が一致していない信号が生成されます。反転帯域プロセッシング・モードを利用すると、位相問題の起きない並列プロセッシング、または並列圧縮ルーティングを設定する必要のない並列プロセッシングと同様の結果を得ることができます。

ダウンロード

ダウンロード

開発者の皆様へ

独自のエフェクト、プラグイン、コネクターを作成して販売することができます。 当社の開発者プログラムの詳細