Pro Subharmonic

MainPluginProSubharmonic

体に響くローエンド・パワー

Pro Subharmonicは、壮大なサウンドを生み出すProシリーズ64ビットAAXプラグインで、ソースより1オクターブ低い低周波信号を生成できます。映画やテレビでとどろくようなサウンドトラックを容易に実現し、インストゥルメント・サウンドに厚みを持たせて、ミュージックの重低音を際立たせることができます。シンセはエフェクトの周波数帯のMIDIコントロールを含め、ローエンドの微調整を可能にする豊富な機能を提供します。

クリエイティブなミュージック・アプリケーションの場合は、ベースやパーカッションのサウンドをパンチアップします。または、信号をL/RおよびLFE(低周波エフェクト)チャンネルにフィードすることで、オーディオ・ポストのサウンドトラックに爆発的な威力をもたらします。広範囲にわたるコントロールと使いやすいインターフェースにより、Pro Subharmonicは一番下のラインの大低音を実現します。

Pro SubharmonicはPro Tools | HD All Access Bundleに含まれており、アクセスおよび使用するにはPro Tools | HDの年間アップグレード&サポート・プランが必要です。

ビデオを見る

特長

  • ハイパス&ローパス・フィルター
  • 4方向の範囲セレクター
  • 分数調波の生成
  • 個別のレベル・コントロール
  • ソフト・サチュレーション機能
  • MIDIノート入力
  • マルチチャンネル・フォーマット
  • ウェット/ドライ・コントロール
  • 調整可能なカットオフ周波数とQコントロールを個々に備えたハイパス・フィルターとローパス・フィルターを使用し、合成したエフェクトの周波数コンテンツを微調整してサウンドを形成します。

  • 信号の周波数スペクトルの異なる部分からサブハーモニクスを作成して、低い設定を使用してドラム音や爆発音にパワーを追加し、高い設定を使用してベース・ラインやローミドル・インストゥルメントに厚みを追加します。

  • マルチチャネル・トラックとの併用時にセンター、フロント、サラウンド・アウトプット・チャネルからのシンセサイザー・フィードを上下に切り替えて正確にコントロールします。

  • 低域合成バンド、高域合成バンド、ダイレクト・ベース・バンドのそれぞれを個別のレベル・コントロールによって微調整し、完璧なサウンドに近づけることができます。

  • 低周波数を乱すことなくクリーンなローエンド信号を生成します。

  • 新しいノートを再生するたびプラグインのフィルター・チェーン全体を再度チューニングする「スイート・スポットの自動アライナ」の役割を果たすMIDIノート入力を使用して範囲設定を微調整します。

  • マルチチャネル・フォーマット(5.1、6.1、7.1、7.1 SDDSなど)のモノ、ステレオ(L/R)、またはLFE(低周波エフェクト)チャネルで分数調波信号を生成およびコントロールします。

  • LFEおよびL/Rチャネルへの合成信号のレベルをコントロールします。

システム要件

 Windows
 OS  Windows 8、Windows 7
 Mac
 OS Mac OS 10.11.x、Mac OS 10.10.x、Mac OS 10.9.x、
Mac OS 10.8.x、Mac OS 10.7.x
 ソフトウェア
 Pro Tools  Pro Tools 12.x、Pro Tools 11.x、Pro Tools 10.x
 その他
 対応サンプル・レート 最大レート: 192k
 コピー・プロテクション 要iLok2

仕様

 プラグインの種類
 Harmonic
 フォーマット
 AAX Native 64
 AAX DSP 64
 AAX AudioSuite 64

ダウンロード

ダウンロード

開発者の皆様へ

独自のエフェクト、プラグイン、コネクターを作成して販売することができます。 当社の開発者プログラムの詳細