VENUE | S6L System

VENUE_S6L_System_right

進化するライブサウンド

VENUEは、長年にわたり、世界で最も人気の高いライブ・ミキシング・システムの1つとして君臨してきました。新しいVENUE | S6Lは、その伝統を引き継ぐ製品です。かつてない処理能力を備えた300以上のプロセッシング・チャンネル、確固たるパフォーマンスと安定性を約束する高性能のエンジン・デザイン、軽快で簡単なミキシングを実現する最新のタッチスクリーン・ワークフロー、さらに、これまでにない豊富なプラグインと数多くのPro Toolsのトラックを利用できます。最高のミックスが求められる場面で、S6Lは比類のないパワー、透明度、カスタマイズ性を発揮し、どんなギグにも対応します。

ビデオ

HomeTeaser2_662x331

VENUE | S6Lの詳細なツアーを見る

顧客ビデオ

BlackSabbath_1200x600

ブラック・サバスのツアーで活躍するデュアルS6Lシステムの様子をご覧ください

カスタマー・ギャラリー

S6Lカスタマー・ギャラリー

プロがVENUE | S6Lを選ぶ理由をお確かめください

製品ハイライト

VENUE_S6L_System_front
  • あらゆるライブ・サウンドの課題に対処
  • 定評あるVENUEのサウンド
  • 強力な処理能力でパフォーマンスが増大
  • 必要な柔軟性と信頼性を提供
  • S6Lは、その先進的なエンジン設計によって優れたパフォーマンスと信頼性を実現するだけでなく、タッチスクリーンを利用した効率的なワークフローと容易なスケーラビリティによって、要求の厳しいライブ制作にも対応します。S6Lは、すべてのVENUEシステムと同様、業界標準のオンボード・プラグインとPro Toolsの統合機能を備え、しかも、これまで以上の処理能力とトラック数を提供します。さらに、あらゆる形態のネットワークと入出力に対応し、あらゆる用途に応じてシステムを容易に構成できます。

  • VENUEシステムはそのクリアで優れたサウンド品質で、多くのアーティストやエンジニアなどに採用されています。S6Lも同様に高い評価を得ています。S6Lでは、ライブ・サウンドの可能性がさらに広がります。高精度プリアンプを高いサンプル・レートで動作させることにより、実現可能な限り最良の音質を追求し、信じられないほど澄んだ、温かい、存在感のある最高の音質が、シグナル・パス全体で実現します。また多数のレコーディング・スタジオで使用されているのと同じオーディオ・プラグインを使用して、スタジオのサウンドをライブで簡単に再現します。

  • コンサート・ツアーや、ブロードウェーのショー、放送イベントなど、今日のステージ制作は、これまで以上に大規模で複雑な方向へと向かいつつあります。そこで設計されたのが、S6Lの画期的な新しいエンジン、VENUE | E6Lです。このエンジンは、相互に連携しあう2つの強力なテクノロジーが統合されています。最先端のリアルタイム・プロセッシング・エンジンと専用のDSPプラグイン・プロセッシングにより、複雑さやストレスなしに驚くほど数多くのチャンネルを処理できる比類のない処理能力が実現されています。

  • モジュール方式のシステム・コンポーネントとI/Oをあらゆるタイプの番組に合わせて自由に構成できます。Pro Toolsのレコーディング機能と再生機能をあらゆる演奏にシームレスに統合できます。Virtual Soundcheckによって、準備時間と番組の事前準備時間が何時間も節減されます。Ethernet AVB、Dante、MADI、Thunderbolt*など、幅広いネットワークおよびI/Oフォーマットとインターフェースします。また間もなく、先進的なゲイン・トラッキングを使用して、ネットワークに接続された複数のシステム間でI/Oを共有する機能が近日リリースされる予定です。

    * Thunderboltオプション・カード(近日発売予定)は別売です。各システム本体には付属していません。