美しいスコアを素早く簡単に作成

Sibeliusであなた自身を表現してください

世界で最も売れている記譜ソフトウェアで美しく魅力的なスコアをこれまで以上に短時間で作成しましょう。

顧客ビデオ

Trapanese 1200x600

プロがSibeliusを選ぶ理由をお確かめください

新機能

Sibelius Cloud Sharing B 1200x600

Sibeliusの楽譜をクラウドに送信することで、デバイスを問わず誰でも閲覧が可能に

チュートリアル

Sibelius_DG3

Sibeliusをすばやくスタートアップ

Sibelius_Overview_Main

クラウドでの楽譜の共有

新しいSibelius | Cloud Sharingでは、ボタンをクリックするだけで楽譜を共有でき、招待した人に楽譜を確認してもらい、作品を聴いてもらうことができます。これらすべてを自分用のクラウド・スペースで行えます。

その他の新機能について

作曲、アレンジ、配布をより簡単に

Sibeliusは生産性の向上ときれいに整った楽譜の作成に役立つ独自機能を多数備えているため、美しくレンダリングされた楽譜を提供できます。Sibeliusでは、タスク指向のインターフェース、36 GBのサウンド・ライブラリ、音楽のトランスクリプションとスキャニング用のツール、時間の節約に有効なマグネティック・レイアウトやダイナミック・パートを使用して、簡単に作曲を進めることができます。

ワークフローの効率化

Sibeliusでは、作曲から提供に至るまでのクリエイティブ・ワークフローを簡素化できます。Sibeliusで作曲してから、曲をPro Toolsに移動し、映像に対してキューを構築します。クラウド、印刷した楽譜、またはAvid Scorchが動作するiPadでスコアを共有します。こうして、世界中の楽譜出版社にスコアをすばやく配布できます。

楽曲の販売を増やす

Sibelius | Cloud Publishingを使用すると、楽譜出版社は、楽譜購入時のオンライン・エクスペリエンスを大幅に向上させることができ、売上を伸ばし、顧客満足度を高めることができます。閲覧者は、購入前に、どのようなコンピューターまたはモバイルデバイスからでも楽譜のプレビュー、再生、および移調などを行うことができます。

Sibeliusの所有またはサブスクリプション・ライセンス

Sibeliusの取得方法の幅が広がりました。低価格のサブスクリプション・ライセンス(月契約/年契約)やソフトウェアを完全に所有できる永続的ライセンスを利用できます。また、初めてお使いになる場合は、簡易版のSibelius | Firstをお勧めします。

Sibeliusはお客様に合わせてお選びいただけます

概要

標準版

概要

Sibelius | First を入手

一流の作曲家やソングライターの多くも使用するツールを手頃な価格で入手して、音楽を作曲、共有、印刷することができます。

標準版

Sibeliusを入手

世界中で幅広く採用されている記譜ソフトウェアを使用して、音楽を作曲、共有、印刷、公開しましょう。

お客様に適したSibeliusシステムは?

Chick Corea_CS_1862

ジャズ界の大御所チック・コリア、Sibeliusで楽譜作成

「Sibeliusでは、非常に直感的なレイアウト操作に加え、様々なフォントやレイアウト機能によって、見栄えの良い楽譜を簡単に作れます。」

チック・コリア、グラミー賞受賞ピアニスト、作曲家

事例を読む

CSGilGoldstein1862

Grammy-Winner Goldstein Touts Sibelius

Sibelius is an instrument that is organic and brilliantly organized so a musician can think quickly and rely on it for ease of movement. Its design makes creativity a distinct possibility and always just a keystroke away.

GIL GOLDSTEIN, GRAMMY-WINNING MUSIC ARRANGER

Read the story

CS_Avatar_1862

SibeliusとPro Toolsを使用して映画『アバター』のサウンドトラックを作成

Pro Tools and Sibelius are tools that allow me to be more creative, by allowing me to think about the technology as little as possible.

JAMES HORNER, COMPOSER, AVATAR 

事例を読む