Dolby Atmos Production Suite

Dolby-atmos-prod-suit_monitor

Pro Tools で臨場感あふれる Dolby Atmos ミックスを制作

個々のサウンドを正確に配置し移動させて、生まれ変わった臨場感あふれるオーディオ体験が実現する立体感ある音響環境で作成します。Dolby Atmos Production Suite を使用すると、映画、テレビ、音楽制作の準備で必要な完全なミキシング、編集、サウンド デザイン ソリューションが実現します。この軽量ソリューションは、ノートパソコンとヘッドフォンのみを使用して構成することができ、A ルームやダビング・ステージを拘束することなく、大規模な Dolby Atmos プロジェクトのコンテンツを編集およびプレミックスできます。

200 USD 節約できます — Pro Tools Studio および Ultimate の年間サブスクリプション・ユーザーのお客様は、わずか 99 USD で Production Suite を購入できます!対象のお客様は、Avid アカウント で Dolby Atmos プロモーション コードを受け取れば、Avid ストアで使用できます。

新機能

さらに進化したコントロールと効率性

  • Dolby Atmos のコンテンツの構成、計測、モニタリング、マスタリングに必要な新しい統合ワークフローとインターフェースを使用して、Dolby Atmos のミキシングの効率を上げます
  • 高度なバイノーラル レンダリング モード メタデータを使用して、ヘッドフォン・ミックスの作成とモニタリングを行います

選択したハードウェアやソフトウェアと簡単に統合できます

  • Dolby Atmos ミキシング ワークフローにアクセスするには、Pro Tools のネイティブ パナー統合と Dolby Atmos Music Panner (別途ダウンロード) を使用します
  • ASIO および Core Audio インターフェースをサポートするスタジオに適した I/O を選択してください
  • I/O 密度と Dante I/O のネットワーク機能を活用する

成果物を簡単に作成する

  • 最大 64 チャンネルのライブ再レンダリングを構成し、オフライン・レンダリングを改善します
  • ADM BWF、IAB MXF、MP4 へのエクスポートに対応します

高解像度でマスターおよびアーカイブ

  • 96k でマスタリングすると、より高品質な48k で出力できます
  • ミックスを高解像度でアーカイブして、コンテンツの普遍性を高めることができます

機能

パワフルなツール

  • 他のハードウェアを使用せずに Mac 上のコンテンツをモニタリングできます
  • 音楽、テレビ、映画の編集とプレミックス機能を搭載しています     
  • Dolby Atmos マスター ファイル タイプのプレイバック再生と QC を有効化し、価値の高いコンテンツの QC ワークフローを大幅に簡素化します

Dolby Atmos Renderer

  • Dolby Atmos のオーディオとメタデータをレンダリングする
  • Dolby Atmos マスター ファイルの録音と再生
  • スピーカー出力やバイノーラル・レンダリング機能を搭載したヘッドフォン出力など、柔軟なモニタリング・オプション
  • 2.0 から 9.1.6 までのチャンネル幅、バイノーラル、B フォーマットに対応したオンライン/オフラインの再レンダリング     
  • Avid Pro Tools と Dolby Atmos Renderer の間でオーディオのやり取りに使用する、レンダラーのセンド/リターン・プラグインと Dolby Audio Bridge を搭載

テクニカル・サポート対応、ダウンロード、VR/AR コンテンツ制作のための追加リソース (VR プレイヤーなど) については、こちらをご覧ください 

システム要件

OS の互換性
Mac OS 10.14.6 ~ 12.5.1
製品の互換性
Pro Tools Studio および Pro Tools Ultimate
コピー防止
iLok が必要
メモリ/ディスク容量
12 GB、200 MB
サンプル・レートのサポート対応
最大レート 96K

仕様

プラグインのタイプ
その他、サウンド フィールド、オーディオ プラグイン
フォーマット
AAX Native、ILOK 2 が必要

この製品は、指定された Avid 製品およびオペレーティング システムの現在のバージョンに対するサポートのために販売者によってテストされました。旧システムに関連する互換性の質問については、販売者にお問い合わせください。