Avid、次世代メディア制作スイートで MediaCentralプラットフォームを拡張

東京, 2017/09/27

~画期的なモジュール型プラットフォーム・デザインにより、充実したアプリケーション、モジュール、サービスおよび接続を提供、比類なき拡張性、伸展性、効率性を促進し、創造性に富むユーザー体験を実現します。~

国際的なメディア組織、企業ユーザー、クリエイティブ・プロフェッショナルに、メディア・アセットの制作、配信、収益化技術を提供するAvid®(Nasdaq:AVID)は、Avid MediaCentral®プラットフォームを拡大する次世代メディア制作スイートを発表しました。MediaCentralは、2人のチームから数千の従業員を抱える企業まで規模を問わず、ニュース、スポーツ、ポストプロダクションおよびライブ放送チームに、より多くのコンテンツをより効率的により短い時間で作成するパワーを提供します。

業界で最もオープンで密接に統合された拡張性の高いメディア向けプラットフォームMediaCentralを基礎に、新たに作られた完全カスタマイズ可能なモジュール式MediaCentral制作スイートは、画期的なクラウドベースのユーザー体験;編集、制作、ニュース、グラフィックスおよびアセット管理に対応するワークフロー・モジュールおよびアプリ;および幅広いメディア・サービスとパートナー・コネクターを提供します。完全統合されたワークフロー環境で繋がるユーザーは、オンプレミスでも、プライベート・データ・センター内でも、パブリッククラウド経由でも、メディアの場所を問わず、全てのメディアを統一されたビューで見ることができます。

Avidのバイスプレジデント兼製品管理最高責任者ダナ・ルチカは次のように語ります。「MediaCentralは、業界に大変革をもたらし続けます。過去20年以上にわたり、Avidは、世界中の主要メディア企業に向けて、iNEWSおよびInterplayの技術を改善してきました。そして今、その技術をこのプラットフォームに載せて、クラウド時代へと移行しています。メディア・プロフェッショナルの誰もが、これらのツールにアクセスできるということ。それは、大きな意味を持ちます。少人数でも大規模でも、チームの規模は関係ありません。使いたいアプリを選び、必要なモジュールを有効にし、幅広いメディア・サービスとパートナー・コネクターでワークフローをカスタマイズするだけです。MediaCentralのもたらす柔軟性、効率性、俊敏性は、他を寄せ付けません。」

デザインを一新した直感的なユーザー体験

MediaCentralでは、使いやすいタスク指向のグラフィカル・ユーザー・インターフェイスMediaCentral | Cloud UX(ユーザー体験)のデザインを一新しました。MediaCentral | Cloud UXは、あらゆるオペレーティング・システムまたはモバイル・デバイス上で稼働し、場所を問わず、プラットフォームへ接続する誰もが利用することができます。チーム・メンバーは、同じ建物内、町の中、または別の大陸のどこにいても、必要な場所から簡単にコラボレーションすることができます。

幅広いアプリでメディア・ワークフロー全体を強化

MediaCentralは、メディアの検索や閲覧から、データやソーシャルメディアの調査、ログ作成、編集、検証および承認、配信など、効率的なメディア制作に欠かせない機能を持つ多彩なアプリを提供します。アプリは全て、MediaCentral | Cloud UXインターフェイス内からアクセスして、統一されて一貫したユーザー体験を提供します。
主なMediaCentralアプリ:

  • MediaCentral | Browse:馴染あるウェブ検索の手法で、コンテンツを検索、表示;ビデオ、オーディオ・クリップ、ドキュメントを含むあらゆる種類のアセットを分析、詳述;アプリ内のどこでもクリップを再生、スクラブが可能です。
  • MediaCentral | Search:パワフルなグローバル検索とフィルタリングを提供するアプリにより、ユーザーは、複数のMediaCentralシステム全体にわたり、ビデオ、オーディオ、グラフィックス、ドキュメント等のコンテンツのインデックスを作成して、キーワード、メタデータ、その他の特定する基準で検索することができます。コンテンツのインデックスを自動作成するパワフルな音声検索オプションでは、特定の言葉やフレーズを含むクリップの検索が可能になります。
  • MediaCentral | Edit:MediaCentral内で、素早く編集したストーリーやショットリストを作成、インおよびアウトポイントをマーク、基本編集を実行、タイムラインをスクラブ、ナレーションを追加することができます。モバイルやインターネット接続したデバイスからプロジェクトやメディアへアクセスして編集することができます。
  • MediaCentral | Publish:このアプリにより、様々なOTT、VOD、およびFacebookやTwitterを含むソーシャル・2メディア・プラットフォームへ、MediaCentral | Cloud UXウェブ・インターフェイスから直接、素早く簡単に、同時配信することができます。
  • MediaCentral | Research(近日リリース):TwitterやFacebookなどのソーシャル・コミュニティで、特定の問題やストーリーをモニターし、投稿や傾向を個々のプログラムへ素早く組み込むことができます。

パワフルで構成可能なワークフロー・モジュール

MediaCentralでは、基本的な編集、制作、ニュースルーム、グラフィックス、アセット管理のワークフロー・モジュールをあらゆる組合せで柔軟に構成することができます。制作チームは、特定の制作やワークフローのニーズに合わせてモジュールを組合せ、アプリやサービスを統合することができます。将来的に、制作や事業のニーズに従い、モジュールを追加することも可能です。
主なMediaCentralワークフロー・モジュール:

  • MediaCentral | Editorial Management:小規模から中規模の制作チーム向けのファイルおよびワークフロー管理モジュール。パワフルかつ廉価なモジュールは、あらゆる規模のワークフローに、比類ないコラボレーション能力に加え、プロジェクトとメディアを共有する能力を提供します。
  • MediaCentral | Production Management:中規模から大規模制作チーム向けに、メディア制作ワークフローを簡素化および加速する高性能なファイルおよびワークフロー管理能力を提供します。
  • MediaCentral | Newsroom Management:ニュースチームにストーリー制作およびランダウン管理能力を提供します。ワークフローの効率とスピードを改善して、複数の放送やデジタル送出先への速報配信を可能にします。
  • MediaCentral | Graphics Management:ニュースおよびスポーツ向けの次世代グラフィックス・アセット管理モジュール。リアルタイムのグラフィックス制作環境全体でシームレスなワークフロー統合を実現します。
  • MediaCentral | Asset Management:コンテンツのライフサイクル全体を管理するニュース、スポーツ、ポストプロダクション・チーム向け高性能メディア・アセット管理モジュール。ストレージの階層全体からアセットを閲覧、抽出して、簡単に再使用および再利用することができます。

包括的なメディア・サービス・スイート

MediaCentralが提供する包括的なメディア・サービスを構成して、コンテンツの再フォーマット、配信、ソーシャルメディアの統合、インデックス作成、検索、コンテンツの抽出から、コンテンツのパフォーマンスを深く洞察するマシン学習の認知分析や最新技術まで、あらゆるワークフローのニーズに対応することができます。主なMediaCentralサービス:

  • 編成:パワフルなプロセス管理サービスをカスタマイズして、単純なバッチ処理スクリプトから、システム、チーム、サイトにわたる複雑なワークフローまで、あらゆるワークフローに対応することができます。
  • コンテンツ変換:ファイル転送およびフォーマット変換を自動化します;あらゆる場所からのプロキシファイルのブラウズおよび編集を可能にします。いつでもオリジナルの高品質マスターへ編集を適用することができます。また、コンテンツの取得および出力フローを自動化して、ワークフロー障害および時間を消費するメディア管理タスクを最小限に抑えます。
  • 視聴者参加:従来のプログラム作成と並行して、ユーザー生成コンテンツの収集、フィルター、修正、調整、統合を可能にします。
  • 配信:幅広いチャンネルおよびデバイスへのコンテンツ配信を簡潔化、合理化、統一します。ファイルの準備を自動化して、バックグラウンドで変換します。
  • 認知サービス:最新のマシン学習アルゴリズムをコンテンツ・ライブラリへ適用します。コンテンツのインデックスを自動作成して、次々と生成される時間ベースのメタデータを抽出します。時間を要する手作業でのログ作成を必要とせずに、高度に複雑な検索を数秒で完了します。

MediaCentralコネクターにより、サードパーティ製の認定ソリューションをワークフローに統合

MediaCentralコネクターは、MediaCentralワークフロー・モジュールと、リストを拡大し続ける600以上のパートナーによる2000以上のパートナー製品との容易でパワフルな統合を可能にします。業界をリードするMediaCentralプラットフォームのオープン性により、クリエイティブ・チームやメディア企業は、業界最大のエコシステムの多彩なベンダーから自由にソリューションを選び、簡単に統合して、妥協することなくカスタマイズして、必要なワークフローを構築することができます。

次世代プラットフォーム・エンジン

MediaCentralの核は、次世代プラットフォーム・エンジンです。集中管理とメディアのインデックス作成、ソフトウェア導入の簡易化、2人だけの制作チームから数千の人間が参与するグローバルなメディア企業まで拡張可能な柔軟なインフラストラクチャ管理を提供します。プラットフォーム・エンジンの主要機能:

  • システムの集中管理:プラットフォーム全体のモジュールやアプリのオン・オフの切替え、ライセンス管理、ユーザーの役割や許可の指定を集中管理する場所を提供します。
  • 集中型メディア・インデックス:ユーザーは、場所を問わず、プラットフォーム上のどのメディアにも簡単にアクセスすることができます。MediaCentralは、システムの全アセットの表記を統一するので、ユーザーは、アセットがアーカイブ、ファシリティ、それともクラウドにあるのかを考慮することなく、クリエイティブなタスクにより多くの時間を費やすことができます。
  • エンタープライズ・ソフトウェア運用:テンプレートベースの手法により、ソフトウェアのインストールおよびアップデートを自動化して、システムの運用および構成を徹底的に簡潔化します。MediaCentral | Deployにより、エラーが発生しやすく、時間を要する手作業工程が無くなるため、最新のソフトウェア・アップデートを簡単に利用できるようになります。
  • 柔軟なインフラストラクチャ管理レイヤー:リソースをダイナミックに拡大・縮小したり、新たな機能を加えて、ストレージ、処理能力、帯域幅など、エンタープライズ全体のインフラストラクチャ要素を最適化することができます。

次世代MediaCentralプラットフォームおよび次世代MediaCentral制作スイートに関する詳細は、こちらhttp://www.avid.com/products/mediacentralをご覧ください。

Avidについて

"Avid Everywhere™"ビジョンを通じて、Avidは、栄えある賞に輝く映画作品、テレビ番組、ニュース番組、スポーツイベントのテレビ放送から、音楽録音、ライブ・コンサートツアーにいたるまで、世界中が観て、聴いて、愛するメディアの協調制作、アセット保護、配信のためのデジタル・オーディオとビデオ・テクノロジーを開発し、業界で最もオープンで、革新的かつ包括的なメディアプラットフォームを提供します。 Avidの最も有力で先進的なソリューションには、Pro Tools®、Media Composer®、Avid NEXISTM、Interplay®、ProSetTM、RealSetTM、MaestroTM、PlayMakerTM、Sibelius®などがあります。

アビッド テクノロジー株式会社は米国Avid Technology の100%日本法人です。www.avid.com/jp/

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。
アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 フィールドマーケティングマネージャー 大塚健太 kenta.otsuka@avid.com

Avidのソーシャルメディアをご利用ください。

Avidのソリューションおよびサービスについて、詳しくはwww.avid.com/jaInstagramTwitterYouTubeをご覧ください。また、AvidのFacebookページ、音楽や映像制作に役立つ情報をお届けするAvidブログ もどうぞご利用ください。

© 2017 Avid Technology, Inc.無断転載・複写を禁じます。 Avid、Avidロゴ、Avid Everywhere、Avid NEXIS、iNEWS、Interplay、AirSpeed、MediaCentral、Media Composer、PhaseFind、Pro Tools、ScriptSync、Sibeliusは米国あるいはその他の国におけるAvid Technology, Inc またはその子会社の商標または登録商標です。 「Interplay」の名称は、Interplay Entertainment Corp. の許可を得て使用しており、 同社はAvid製品に対してなんら責任を負うところのものではありません。文中に記載されている商標はすべて、各所有者に帰属します。製品の機能、仕様、システム要件、および販売形態は、予告なく変更されることがあります。記載の価格はすべて国内のみで有効なメーカー希望小売価格です。 価格は予告なく変更される場合があります。

PR Contact

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部
news.jp@avid.com