Media Composer | Ultimate のすべてのパワーに加えて、ツールセットの調整、リモート・ワークフローの有効化、編集チームの域を超えたコラボレーション、アクセス制御による制作の保護の機能を利用できます。ポストプロダクションおよび放送チーム向けに設計された Media Composer | Enterprise を使用すると、組織はより合理化され、焦点が絞られたエクスペリエンスをすべてのユーザーに提供して、全員の効率を高めることができます。また Avid NEXIS ストレージと組み合わせることで、エディターはどこからでも作業して、制作スタジオで編集している場合と同じメディア・アクセス、ワークフロー、ユーザー・エクスペリエンスを得ることができます。

編集の効率性がアップ

実績のあるツールにより、わずか数回のクリックでより優れたストーリーを作成し、編集プロセスをスピードアップできます。カスタマイズ可能なタスク指向のワークスペース、共有ビン、高精度のトリミング・ツールからライブ・タイムライン、リリンクなしのプロキシ・ワークフロー、業界で最も信頼性の高いメディア管理に至るまで、これはエディターが大作映画や番組の編集において信頼して毎日使用しているツールです。さらに付属の PhraseFindScriptSync を使用すれば、クリップに含まれている音声ダイアログに基づいて、数秒でクリップを見つけることができます。

内部完結にとどまらない自由な仕上げ

フルカラーの 32 ビット非圧縮パイプラインと ACES ワークフローをサポートするハイレゾおよび HDR フィニッシング・ツールにより、卓越した色品質と精度がエンドツーエンドで維持されます。内部であらゆる色に対応し、仕上げを行うほか、色データや品質を損なうことなく、グレーディングのために別のアプリケーションにラウンドトリップできます。また、付属の Symphony を使用して、補足パッケージを含む IMF パッケージを簡単に作成し、OTT ストリーミング・サービスに迅速に配信できます。

ダウンタイムを最小限に抑える

付属の Media Composer | Distributed Processing により、エディターはプロセッサーに大きな負荷のかかるレンダリング、トランスコーディング、エクスポートのタスクをアイドル状態の未使用のマシンのネットワークにオフロードすることで、自分のコンピューターへの負荷を軽減して作業を続けることができます。また、付属の Avid NEXIS | EDGE の新しいプロキシ・ワークフローにより、手動のリリンクやコンフォームなしにプロキシからハイレゾ・メディアに切り替えて、請求のできない長時間のダウンタイムを避けることができます。

あらゆる役割に合わせて Media Composer をカスタマイズ

組織内のあらゆる役割に合わせてインターフェースをカスタマイズできます。エディター、ジャーナリスト、ロガー、プロデューサー、PA、エフェクト・アーティスト、サウンド・エディター、カラーリスト、校閲者、他のコントリビューターがそれぞれの職務で必要とするツール、機能、アクセスのみを提供することで、気が散ることなく作業に集中できる、使い心地のよいワークスペースが整います。

制作のセキュリティ確保

各チーム・メンバーがアクセス、表示、実行できる内容を完全に管理することで、制作全体のセキュリティと監視を強化できます。誤りは、特定のメディア・フォーマットやコーデックへのアクセスを制限することで軽減できます。また、特定の場所をロックダウンして、不正なアクセス、メディアのエクスポート、情報漏洩を防ぎ、コンテンツを保護します。

トレーニング時間とコストの削減

煩雑さを解消し、エディター以外の人が使用できる直感的なワークスペースを設計する機能により、学習と貢献が容易になります。これは、新しいチーム・メンバーのオンボーディング・プロセスを容易にするだけでなく、職務やスキル・レベルに関係なくエクスペリエンスを最適化することで、トレーニングのニーズやコストを削減します。

すべてを 1 つのパッケージで実行

チームがプロジェクトを準備し、説得力のあるストーリーを作成し、レビューと配信のプロセスを合理化するために必要なものすべてを入手できます。ストーリーボード作成のアイデア、メディアの管理、シーケンスの編集からビジュアル・エフェクトのデザイン、カラー・グレーディング、サウンドトラックのミキシングまでのすべてを 1 つのソリューションでどこからでも実行できます。

プロセスの自動化

メディアのトランスコーディング、レンダリング、その他の複雑で時間のかかるタスクに悩まされる必要はありません。Media Composer | Enterprise がそれらすべてをバックグラウンドで処理してくれます。そして独自のプロキシ・ワークフローにより、手動でリリンクすることなく制作スタジオでの作業から自宅での作業に移行することもできます。

どこでも、誰にでも出力を配信

エディターの「肩越しに」、レビュー・シーケンスとコラボレーション作業の仮想体験を得てください。SRT のサポートにより、ビデオとオーディオの出力を最高品質でストリーミングできるため、SRT 対応のクライアントまたはデバイスを使用して、誰もがどこにいても、インターネットを介してリアルタイムで再生を表示できます。

同梱内容

Media Composer | Enterprise は、オンプレミスとリモートのビデオ・ワークフローを強力なコラボレーション環境につなげる完全なメディア制作ソリューション* の一部です。ソフトウェアとオプションに加えて、サブスクリプションには追加料金なしで以下が含まれます。

Avid NEXIS | EDGE

エディター向けの安全なプロキシ・ワークフローを提供し、誰もがどこからでもコンテンツにアクセスし、作成、配信できるようにする
詳細情報

Media Composer | Distributed Processing

メディアのトランスコーディング、レンダリング、エクスポートのタスクを未使用/アイドル状態のコンピューターにオフロードする
その方法についてご覧ください

Media Composer | Cloud VM

制作スタジオの誰もがコンピューターまたはシン・クライアントを使用して Media Composer にリモート・アクセスできるようにする
詳細はこちら

ご質問や購入をご検討の方

お問い合わせ * Avid NEXIS | EDGE には、オンプレミスの Avid NEXIS ストレージ・システムとホスト・サーバーが必要です。