Jump to:

新しいタイプの音楽制作のためのオーディオ・インターフェース

Pro Tools | Carbon は、ミュージック/ サウンド・クリエイターの優れたパフォーマンスを、余すことなく形にすることが可能な、アーティスト、バンド、プロデューサーに最適な高品位オーディオ・インターフェースです。ネイティブ CPU のパワーとオンボード HDX DSP アクセラレーションを組み合わせたハイブリッド・オーディオ・プロダクション・システムです。AAX DSP プラグインを実行しながらニア・ゼロ・レイテンシー・モニタリングでのレコーディング、それにより最大化されたコンピューターの能力をフルに使ったミキシング作業を実現しています。また、それら全ての作業 / 操作は、Pro Tools 上で完結できるのです。

イベントを検索する >
画像を見る

Front line drawing of Pro Tools | Carbon audio interface
With onboard HDX DSP at your fingertips in Pro Tools, Carbon is a game changer.

Pro Tools の統合

完璧な相性のハードウェアとソフトウェア

Pro Toolsのパフォーマンスが最大化されたことにより、すべてを1つのクリエイティブな環境でスムーズに作業できます。ハイブリッド・エンジンにより自由にAAX DSP プラグイン・プロセッサーに切り替えることができます。つまり、最高のパフォーマンスを引き出す洗練されたサウンドでレコーディングすることができます。作業速度に影響するサードパーティのアプリは不要になります。制作環境ではなく、音楽制作に集中することができます。

ビデオを見る >

Pro Tools | Carbon audio interface hybrid engine at work within Pro Tools

二つの世界のベストを活用

ハイブリッド・エンジンがネイティブ CPU と HDX DSP プロセッサーを同時に使用することにより、Pro Tools のパフォーマンスを最大化します。トラックを DSP モード にすると、Carbon は CPUが残りのミックスを再生している間、リアルタイムの AAX DSP プラグインを加速させます。また、すべての AAX DSP プラグインには、ネイティブに対応しているため、 ボタンをクリックするだけで、両方の間をシームレスに移動できます。ほぼゼロのレイテンシー・モニタリングのために HDX DSP パワーで録音します。そして、同じプラグインとネイティブに連携します。HDX DSP パワーによりほぼゼロのレイテンシー・モニタリングで録音可能となり、同時にネイティブへの切り替えも容易に行えます。
AAX DSP plugin car engine icon

卓越した AAX プラグイン・アーキテクチャー

AAX は真のハイブリッド機能を備えた唯一のプラグイン・アーキテクチャーです。ネイティブと HDX DSP ドメインの両方で優れた音質を提供するように設計されています。つまり、Carbon を使用できない場合、例えば外出先でミックスするようなケース、さらにはインターフェースを持たない他のクリエイターとコラボレーションすることができます。

AAX DSP プラグインについて >

プレミアム・プラグインが付属

Pro Tools に付属している 116 の AAX プラグイン (Avid Complete Plugin Bundle、HEAT、UVI Falcon など)に加えて、Carbon はプレミアム・プラグインとサウンドのコレクションを利用できます。UVI と Native Instruments のバーチャル・インストゥルメントで作成します。Embody からの空間オーディオプロセッサーでミックス環境をエミュレートします。McDSP、Arturia、 そして提携プラグインのプレミアム AAX DSP ダイナミックス、EQ、リバーブを使用して、洗練されたサウンドを作成します。さらに、3 か月間無料でAuto-Tune Unlimitedを利用できます。サウンドをさらに追求する準備ができたら、何千もの AAX プラグインと、250 を超える AAX DSP が利用可能になります。

AAX プラグインを購入する >

Collage of included plugin brands for Pro Tools | Carbon DSP accelerated interface

HDX DSP アクセラレーション

優れたパフォーマンス

HDX DSP アクセラレーションを備えた Carbon は、業界をリードするテクノロジーを基盤として開発されたパワフルな製品です。オーディオを驚異的なスピードでオペレーションするように微調整されているため、常に1ms 未満の超低レイテンシー・モニタリング環境を保ったままレコーディング作業を行うことが可能です。つまり、まるでライブで演奏しているかのように、音楽と完全に同期して自分の声を常に聞くことができます。  
Low latency recording through Carbon makes me almost forget that there's a computer involved.

HDX エンジン。ストレス・フリーのレコーディングを実現

カスタム設計された高パフォーマンス FPGA 8 つのHDX DSPをコアに持つ製品です。FPGA は、オーディオを超高速で(一度に 1 サンプルずつ)ルーティングしますが、実質的にレイテンシーはありません。HDX DSP はリアルタイムのプラグイン処理中、1 秒あたり 224 億回という驚くべき操作を実行します。したがって、セッションがどれほど大きくなっても、またはセッションで使用するプラグインが増えていっても、常に1ms 未満の超低レイテンシーでレコーディングできます。また、解放されたCPUコアを利用して、より多くのバーチャル・インストゥルメントとクリエイティブなミキシングを実現します。
Pro Tools | Carbon HDX DSPs diagram
Thermal dynamics inside of Pro Tools | Carbon audio interface

静かで優れた放熱設計

ハイ・パフォーマンスのオーディオ・インターフェースは多くの熱を発生させます。そこで、ラック内の他の機器と積み重ねた場合でも、Carbon を静かに涼しく保つ放熱設計を開発しました。シングル軸流ファンがインターフェースの前面から背面に空気をやさしく押し出し、熱を放散するスピードを調整します。さらに、非常に静かなので、レコーディング時に同じ部屋にいても気になりません。

サウンド

高品位音質

Carbon のあらゆる側面は、音響の卓越性を追求するように設計されています。卓越したオーディオコンバーターかダブル精度クロック。そして、これまでで最も透明度の高いマイク・プリ設計。細部までこだわって設計されているため、Carbon はあらゆるニュアンスを最大の深み、奥行き、鮮明に取り込みます。レコーディングを開始するだけで良いのです。
Ultra transparent pres and converters that capture sound beautifully—priceless

クリーンで正確なコンバーター

最高の音質は、卓越したオーディオコンバーターから始まります。私たちは、さらに一歩進んで設計しました。チャンネルごとに 4 つの ADC を持つ Carbon は、優れた 126 dB のダイナミックレンジを備えています。入力から HDX DSP、そして Pro Tools へと、ゲイン構造全体が32bit 精度を均一でで保ち、信号を劣化させることなく、より多くのヘッドルームを提供します。その結果、常にクリーンで自然なサウンドでのレコーディングが可能となるのです。
8 mic preamp XLR connectors on Pro Tools | Carbon audio interface
Mic preamp circuitry for Pro Tools | Carbon hybrid audio interface

音楽的かつクリアなマイク・プリ

パッドレス設計で、驚きの 126 dB のダイナミックレンジで、32bit / 192 kHz オーディオ変換対応 。 Carbon は、これまでに作成した中で原音に限りなく近いプリアンプを備えています。カラーレーションせずにパフォーマンスを取り込みます。独自の周辺機器を使用するには、プリアンプをバイパスします。そしてビルトインのVariable Zで、入力インピーダンスを調整して、ダイナミックやリボン・マイクからギターやベースまで、マイクやインストゥルメントのトーンを最適化または変更できます。
Oscilloscope showing eye diagram Pro Tools | Carbon hybrid audio interface

倍精度クロッキング

歪の少ない、高品位なオーディオの実現には、精度の高いクロッキングが極めて重要です。そのため、JetPLL™ ジッター除去技術の2 倍の解像度でクロック回路を設計しています。FPGA コントロールのオシレータは 100 MHz で動作します。これは、通常の JetPLL ベースのクロックの 2 倍の速度です。そして 倍精度と、非常に低いジッターが、忠実性の高いレコーディングとプレイバックを実現します。

I/O

バンド全体を“接続”

25 x 34 の同時入出力を備えた Carbon は、ソロアーティストからバンドまで、多様なセッションを録音する準備ができています。8 つの高純度プリアンプ、4 つのヘッドフォン出力、16 チャンネルの ADAT入出力により、マイキングやキュー・ミキシング時のクリエイティブな可能性が広がります。さらに、超高速、高帯域幅のイーサーネット接続により、入力から出力まで可能な限り最高の音質を維持します。

仕様を見る >

When you hear your creative vision come to life in your headphones, your performance elevates.
Line drawing back of Pro Tools | Carbon audio interface

未来はイーサーネット

Carbon は、イーサーネット経由でコンピューターに接続します。AVB に基づいて、この高帯域幅のバージョンで、低レイテンシー接続は、業界初の 32 bit 浮動小数点精度でホストシステムにオーディオをストリーミングします。これは、システム全体で一貫して高いヘッドルームと優れたオーディオ品質を備えていることを意味します。そしてそれはまた将来のための Carbon を準備します。  

イーサーネット・ポートがない場合には、アダプターを探す >

AAX DSP プラグイン


詳細はこちら >

Carbon 発表イベント


ビデオを見る >

本サイトでの Cookie の使用について:

cookie は、お客様のサインイン情報の記憶、サイト機能の最適化、お客様の関心事に合わせたコンテンツの配信に使用されています。当社は、当社のプライバシー・ポリシーに基づき、cookie などの個人情報を収集・利用しています。同意して続行」をクリックして Cookie を受け入れ、当社のサイトにアクセスするか、プライバシー・ポリシーにアクセスした Cookie についての詳細をご確認ください。

「拒否」をクリックすると、ほとんどの Cookie が無効となり、Avid オンラインストアでの購入やチャット機能がご利用いただけません。当ウェブサイトを最低限機能させるために必要となる cookie については拒否できません。拒否

同意して次へ