レコーディング技術とは、素晴らしいパフォーマンスの魔法をとらえることを意味します。バンドが 放つエネルギー。ボーカルに込められた感情。その瞬間をレコーディングするために、さまざまなことに配慮します。素晴しいアーティストたちが その最高のパフォーマンスの瞬間をとらえることについて語ってくれました。その中心を担って、 さらに次のレベルへと押し上げてくれているのが、Pro Tools と Carbon です。

レコーディング アーティスト

 

数々のプラチナセールスのアルバムを手掛けたミキサーであり、レコーディング エンジニアでもあるブレインズ (ヤング・サグ)にとって、音楽は雰囲気やフィーリングがすべてです。これをどのように捉えているのか話してくれました。

ドラムのレコーディング

 

ドラマー兼プロデューサーのマイク・アヴェナイムが語る、 超低レイテンシーによる、レコーディング時の空気感を とらえる方法。

エレクトロニック・ミュージックの制作

 

Avid に在席するサイモン・シェボーンは、Carbon でのハードウェアのドラムマシンやシンセを使った音楽制作を実演しています。

Auto-Tune Hybridによるボーカルトラッキング

 

アーティスト、プロデューサー、そして Avid のゴーラヴ・ハリッシュが、ヒップホップ・ヴォーカルの制作に欠かせないプロセッシング・フローについて紹介します。

ベースの録音

 

Avid のギル・ゴーウィングが、ハイブリッド・エンジンを使用し、タイトなグルーヴにロックして、ポケットでレコーディングする方法について話します。

Pro Tools | Carbon のすべてを探る...

 

ビーティー・ウルフは、なぜ「その遊び心と不思議さを生かし続けることが重要」なのかをあなたの芸術性に語ります。

 



モハーヴェ・ゴーストは、Pro Tools | Carbon でクリエイティブな瞬間をとらえています。



スコット・ウィルソンが、Carbonで最も気に入っている「大きな変革をもたらした」点について語ってくれました。



モハーヴェ・ゴーストは、Pro Tools | Carbon でクリエイティブな瞬間をとらえています。



スコット・ウィルソンが、「大変革をもたらした」 Carbon について、いかに夢中になっているかを語ってくれました。

つながったままで

Avid の最新ニュース、ユーザー事例、スペシャル・オファーなどをお送りします。

今すぐ登録する