Avid VENUE | S6L

新登場 — 低価格で高忠実度を実現する、 新しい Stage 48 をご紹介します >

進化するライブサウンド

あらゆる規模のライブ プロダクションを簡単にミキシングして録音できます。Avid VENUE | S6L は、アーティストやエンジニアが最高のショーを提供するために頼りにしている比類のないプロセス能力と明瞭なサウンドを提供します。AAX と Waves プラグインの直接サポートや、128 トラックの Pro Tools レコーディングから、完全なシステム モジュール性と 300 以上のプロセス チャンネルまで、S6L 統合プラットフォームは、あらゆるギグの要求を満たすために必要なミキシング効率、創造性、柔軟性を提供します。また、5 つのコントロール・サーフェス、3 つのエンジン、5 つの I/O ラック (新たな Stage 48 を含む) から選択できる、拡張されたラインアップにより、すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびショー ファイルに 100% 互換性があるため、お客様のニーズに合わせて最適なシステムの構成と拡大縮小が簡単にできます。

オンラインセミナー

VENUE 7 web promo tile

ロブ・アランとロバート・スコットビルが VENUE 7の新機能について説明します

ライブサウンド ビデオ

Avid VENUE S6L digital mixer in use at a Black Sabbath concert

世界中のエンジニアが VENUE | S6L をどのように使用しているかをご覧ください

製品ハイライト

VENUE_S6L_System_front
  • 単一のソリューションでできることを増やす
  • あらゆるライブサウンドの課題に対処
  • 高品質なオーディオのミキシングと録音
  • 強力な処理能力でパフォーマンスが増大
  • ライブサウンドのミキシングでは、効率、サウンドの明瞭さ、および信頼性が非常に重要です。Avid VENUE | S6L は、ライン全体でソフトウェア、ハードウェア、およびショー ファイルに 100% の互換性と相互運用性を提供する、業界で唯一の統合ライブサウンド プラットフォームです。さらに、コンソールから Waves と AAX プラグインを直接コントロールしてミックスを向上させることができます。これは 128 トラックの内蔵 Pro Tools 録音/再生を Virtual Soundcheck で提供する唯一のシステムで、何時間もの準備時間を節約できます。さらに、3 年間有効な 24 時間 365 日の優先サポートが受けられるため、ショーの進行に支障が生じることがありません。
  • S6L は、あらゆるライブ プロダクションを処理するための高度なエンジン設計とインテリジェントなワークフローを通じて、揺るぎないパフォーマンスと信頼性を提供します。そのモジュール性と比類のない柔軟性により、5 つのコントロール・サーフェス、3 つのエンジン、5 つの I/O ラック (新たな Stage 48 を含む) から お客様の選択 でシステムの拡大縮小が簡単にでき、また、あらゆるライブサウンド アプリケーションの要求をほぼどのような予算でも満たすために必要なネットワーク オプション (Ethernet AVB、Dante、Milan、MADI など) が含まれています。最大 3 つのネットワーク システム間で I/O を共有することもできるため、コストを削減しながら、より多くのワークフローが可能になります。

  • プレミアム グレードのアーキテクチャ、オーディオ エンジン、高性能プリアンプを備えた S6L は、シグナル パス全体にわたり驚くべき明瞭さ、暖かさ、存在感を提供します。最も統合され、費用対効果が高く、冗長な Pro Tools レコーディング ワークフローを提供しますので、高価なオーディオ インターフェースが必要なくなります。USB メモリーからの 2 トラック録音・再生にも対応します。また、数多くのレコーディングで使用されているのと同じオーディオ プラグインと、貴重なアウトボード機材のエミュレーションをサポートしているため、スタジオのサウンドをライブで簡単に再現できます。

  • 大規模なコンサート ツアーやブロードウェイのショーから、小規模なクラブや企業のイベントまで、今日の舞台制作はかつてないほど大規模で複雑なものになっています。そこで設計されたのが、S6L の画期的なエンジンである VENUE | E6Lです。このエンジンでは、連携して機能する 2 つの強力なテクノロジーが統合されています。最先端のリアルタイム・プロセッシング・エンジンと専用の DSP プラグイン・プロセッシングにより、複雑さやストレスなしに驚くほど数多くのチャンネルを処理できる比類のない処理能力が実現されています。