Waves14VENUE71

Avid VENUE 7.1ソフトウェアのリリースを発表します。


Waves V14 に対応

本リリースで最も重要なポイントは、Waves V14への対応です。VENUE 7.1では、Wavesユーザーが、WavesサーバーおよびAvid VENUE | S6LシステムでV14を使用できるようになりました。

Avid Live Soundチームは、Wavesと再び連携できることを大変嬉しく思います。AvidとWaves両社は足並みを揃えてソフトウェア開発に取り組むことを約束しました。この新たなパートナーシップは、すでに両社のプラットフォームを日常的なワークフローで使用しているオーディオ・ファンにとって素晴らしいニュースとなりました。

Avid VENUE | S6Lの原音をWaves WSG Serverのパワーと豊富なプラグイン・ライブラリと組み合わせることで、オーディオ・エンジニアはどんな仕事においても、美しいサウンドを作り上げることができる最高のツールをご提供します。コントロール用のコンピューターを別途追加する必要なく、緊密な連携により、素晴らしく効率化されたワークフローを実現します。

作業中は、前かがみになってマウスを操作するのではなく、前を向いて音を両耳で聞くことが大切です。この連携により、ミキシング・デスクに張り付いている私たちは、コンソールのノブやスイッチから直接制作ツールのパラメータに直ぐにアクセスできるのです。

サウンドに適した音色や音質を選択した後に、S6Lで利用できる1000のスナップショット内のすべてのWavesパラメータを保存し、デザイナーやミキサーは、驚くほど詳細かつ緻密にショットを作成することができます。膨大なWaves/S6Lの相互運用には、S6LとWSG間で利用できる128の音声やパスが含まれます。音声はそれぞれ最大8つのプラグインチェーンに対応します。 

つまり、最も要求が厳しいショーにも、常に十分な処理能力で対応できるということです。WavesとS6L間の超低レーテンシーは、バス送りのプラグインを含み、VENUEソフトウェアの自動遅延補正機能と完全に統合されています。ショー・ファイルのルーティング・スキームがどんなに複雑でも、オ

プロのコメント:  https://www.youtube.com/watch?v=kxj5pimxBvk

 

出力をサイドチェーンのソースとして使う

VENUE 7.1の新機能により、すべての出力をチャンネル・ダイナミックスのサイドチェーンの主要ソースとして利用することができます。例えば、ボーカル・グループからのドラム・グループのコンプレッサーをトリガーするために使用することができます。各出力には、『プリフェーダー・プリミュート』および『ポストフェーダー』の2つのピックオフ・ポイントが用意されています。

 

新プラグイン

6つのパラメトリック・フィルターと6つの処理セクションを搭載するEmpirical Labs社の卓越したイコライザー『BIG FrEQ』の対応も発表します。最新の『フラットトップ』パラメトリック・シェイプなど、多くの可能性を提供します。また、フィニッシャー・セクションなど、あらゆるトーン・シェイピングが可能で、何時間でも楽しむことができます。

このプラグインの前身である『Arousor』をお持ちでない方は、ぜひチェックしてみてください。以前、これのハードウェア版を幾つか持っていましたが、Arousorが発売されてからは、私のショー・ファイルはこれ一色になりました。

それでは、AvidアカウントをチェックしてVENUE 7.1をお楽しみください。

 

謝辞

本プロジェクトに対するVal(S6Lを使用するサウンド・エンジニア)およびWavesのチームによる緻密な作業と大いなるコミットメントに感謝します。世界各国にいるフランクとヴァレンティン率いる弊社チームもまた、本当に素晴らしかったです。このリリースをこのような素晴らしいものに仕上げるために、両ソフトウェアチームは、一年近くの時間を作業に費やしました。

 

最後に、ウクライナをベースにする弊社ソフトウェア開発者の献身的な努力に心から称賛いたします。ありがとうございました!

ロブ・アラン

Robb Allan

Robb Allan is the senior principal product manager for live sound at Avid. As a live sound engineer, he’s had the privilege to work with artists such as Radiohead, Coldplay, Massive Attack, Manic Street Preachers, Natalie Imbruglia, and more.