ネットワーク・ライセンス・サーバー

Sibelius Ultimateネットワーク・ライセンス・サーバー

学生のアクセスを増やす

Sibelius Ultimateライセンス・サーバーを使用すれば、必要な数のコンピューターにSibelius Ultimateをインストールできます。学生が実際にソフトウェアを使用しようとしたときに、ライセンス・サーバーからその学生に対して共用ネットワーク・フローティング・ライセンスが自動的に送信されます。たとえば音楽室が使用できない場合に、図書館のコンピューターで作業を行うこともできます。ライセンス・サーバー・ソフトウェアは、すべてのネットワーク・マルチパックに無償で付属しています。

設定も操作も簡単

Sibelius Ultimateライセンス・サーバーには、ソフトウェアの操作に慣れていない教職員でも簡単に操作できるコントロール・パネル・インターフェースが搭載されています。ライセンスの割り当て、コンピューターの入れ替え、新しいバージョンのSibelius Ultimateへのアップグレード、ライセンスのトラッキングをすばやく簡単に行うことができます。

チェックアウト・ライセンスでライセンスを自在に活用

学生が自分のラップトップ・コンピューターを学校へ持参している場合は、期間限定でSibelius Ultimateをコピーして自宅へ持ち帰ることを許可することができます。これにより、学生は最長1年間、学期中、週末、または夏休みといった期間、Sibelius Ultimateを存分に利用することができます。

このような一時ライセンスはチェックアウト・ライセンスと呼ばれています。学生が自分のコンピューターを学校のネットワークから持ち出すときにライセンス・サーバーからライセンスを「チェックアウト(貸出)」し、次に学校のネットワークに接続するときにライセンスを「チェックイン(返却)」するためです。このチェックアウト・ライセンスが返却されるまで、学校では、使用可能なライセンスがその分だけ少なくなります。学生がこのライセンスを返却しなかった場合でも、最終的にはライセンスの有効期限が切れるため、その後は、学校のネットワークに再接続しない限り、学生のコンピューター上でソフトウェアを起動することはできなくなります。

Sibelius Ultimateのチェックアウト・ライセンス機能は、追加料金なしで使用できます。さらに、Sibelius Ultimateのスタンドアロンのサイト・ライセンス(ネットワークに接続されていないサイト・ライセンス)を現在使用している場合は、追加料金なしでネットワーク・サイト・ライセンスに切り替えることができます。詳しくは、Avidのサポート・チームにお問い合わせください。

また、学生が使用するチェックアウト・ライセンス用として、追加のシートを購入すると便利です。1セットのシートを学校のネットワーク用として取っておき、別のシート・セットを学生向けのチェックアウト・ライセンス用に取っておくことができます。

技術情報

Sibelius Ultimateソフトウェアのネットワーク・ライセンスは、クライアントサーバー・モデルで動作します。Sibelius Ultimateのプログラム自体は、各クライアントのワークステーション上のローカルのハードディスクにインストールされ、これとは別にライセンス・サーバー・プログラムが指定した1つのサーバーまたはワークステーションにインストールされます。

Sibelius UltimateのインストールDVD上のライセンス・サーバー・プログラムにより、ライセンス使用許諾を受けた指定数のクライアント・コピーを、ネットワーク上で同時に使用することができます。ライセンス・サーバーにより、クライアント・コピーのユーザーにメッセージを送信したり、サーバー・マシンからクライアント・コピーを終了することができます。

要件

Sibelius Ultimateを使用するには、TCP/IPプロトコルを使用するネットワークが必要です(ネットワークでTCP/IPに加えて他のプロトコルを使用することはできますが、ライセンス・サーバーとクライアント・コピー間の通信を行うためにTCP/IPは必須です)。ライセンス・サーバー・プログラムは、WindowsまたはMac OS X上で動作します。