スポーツ向けMediaCentral

From creating hype videos, highlights, and sponsor spots for gameday, to producing stories and entertainment year-round, MediaCentral helps you elevate the fan experience and maximize your media value across traditional and digital platforms.

あらゆる場所のスポーツ・ファンを魅了

ファンが試合場にいても自宅にいても外出中でも、どこにでも魅力的なコンテンツを届けるために必要なスピード、柔軟性、そしてマルチプラットフォーム配信機能を手に入れましょう。大げさなビデオ、ハイライト、試合日のスポンサー・スポットの作成から、年間にわたるストーリーやエンターテインメントの制作まで、MediaCentralは、従来のプラットフォームでもデジタル・プラットフォームでもファン体験を向上させ、メディアの価値を最大限に高めるために役立ちます。

スポーツのビデオ管理をシンプルに

常にトップを維持

MediaCentral enables multiple production teams to ingest, create, share, repurpose, and deliver high-impact content

MediaCentralを使用すると、複数の制作チームでインパクトの大きいコンテンツを取り込み、作成、共有、再利用して、ジャンボトロン、放送、オンライン、およびソーシャル・メディアでファンに配信することができます。必要なすべてのツールには、単一の使いやすいインターフェースでアクセスできます。MediaCentralでは、メディアの記録、クリップの検索、シーケンスの編集、ハイライトの公開など、どのような操作を行うときも、すべてのデバイスで同じ直感的なユーザー・エクスペリエンスが提供されます。MediaCentral | Streamを追加すれば、リモートのIPストリームとコントリビューションを制作環境に直接キャプチャでき、トレーニングの必要性とコストを削減できます。

チームのコラボレーションを強化

MediaCentral connects tools, teams, and content together, making it easy for everyone to browse, search, and access media quickly

MediaCentralは、ツール、チーム、コンテンツをつなげ、スポーツ記者やプロデューサーが、報道内容の計画、割り当ての確認、現在と過去のメディアの検索とアクセス、ハイライト・クリップの作成、そして 任意の場所からのストーリーの配信を簡単に行えるようにします。これらの作業は、ラップトップのWebブラウザーや、iOSまたはAndroidデバイスの モバイル・アプリから直接実行できます。MediaCentral | Streamを追加すれば、リモートIPストリームおよびコントリビューションを制作環境に直接取り込むこともできます。これは、試合会場とスタジオのチーム・メンバーの同期を保つ最適な手段です。

ファイン・プレーをすばやく再生

ワークフローにMediaCentral | StreamFastServeを追加し、メディアを直接Avid NEXISストレージに送信すると、ビデオを 収録しながら編集し、プレーを巻き戻して決定的な瞬間にハイライトを当てることができます。これらの強力なビデオ・サーバーでは、メディアの収録と送出を簡単に行えるようにファイルの自動チェックインに対応しているため、UHD解像度でもほぼリアルタイムで処理できます。試合のハイライトに説明的なキーワード・メタデータでタグを付けて、MediaCentralで共有することもできます。

ハイライトをデジタルでいち早く投稿

ファイン・プレーや試合を複数のデジタル・プラットフォームでいち早く公開して、ブランドの価値を高め、競合他社に先行し、収益化の機会を広げましょう。Wildmokaを搭載したMediaCentral | Publisherでは、プラットフォームに合わせたコンテンツをすばやく作成し、クリックするだけで公開できます。トランスコード、コンテンツのステージング、公開の処理はすべて自動化されるため、チームは、トラフィックと収益を増やすコンテンツの作成に専念できます。

質の高いグラフィックでファンを魅了

Sports coverage graphic showing stats of 2019 Dubai Open semi final between Steven Millo and Josip Novak

魅力的なグラフィックを表示して、コンテンツの説得力と価値を高めましょう。Maestro Graphicsとの直接的な統合により、データ主導のグラフィック、カメラ・トラッキング対応のスポーツ・エンハンスメント、3Dバーチャル・オブジェクトを、ドラッグ・アンド・ドロップで簡単にMediaCentralに取り込むことができます。埋め込み(焼き込み)グラフィックがサポートされ、ハイライトをソーシャル・メディアにすばやく公開できます。フィールドと連動するバーチャル広告や単独で表示されるバーチャル広告を挿入して、制作コストを軽減することもできます。

ファンが見たがっているハイライトを検索

試合に関連する過去のクリップやその他のクリップをすばやく引き出して、ファンの関心を保ちましょう。高度な音声検索機能により、クリップに含まれているキーワードや会話に基づいて、数秒でクリップを見つけることができます。Avid NEXISストレージを追加すれば、チームがメディア・ライブラリ全体に簡単にアクセスできるようになります。パフォーマンスと容量も十分なので、ハイエンドのUHD、HDR、拡張現実コンテンツをファンに配信できます。

編集者をつなげてどこでも制作

MediaCentralでは、Media Composer Adobe Premiere Proが直接統合され、アプリケーション・ウィンドウから離れることなく、編集者によるコラボレーションやMediaCentralで管理されるコンテンツの 検索、参照、アクセスが可能になります。MediaCentralで直接編集することもできるため、ソーシャル・メディア・チームはどこからでも任意のデバイスを使用して、すばやくクリップを検索し、ハイライトを編集し、ストーリーを公開できます。

Media Composerの機能を見る
Adobe Premiere Proの機能を見る 

より意味のあるメタデータを作成

Custom logging templates on MediaCentral for live game feeds and recorded content

カスタム・ログ・テンプレートを作成する機能を使用すると、ライブ・ゲーム・フィードのログの作成中や記録されたコンテンツに、より意味のあるスポーツの詳細を入力できます。これにより、現在と過去の試合から簡単にハイライトを引き出して、試合の報道を充実させることができます。また、デジタル・プラットフォームに公開するための適切なコンテンツを適切な機会に見つけるプロセスが迅速化され、収益化の機会が増加します。

マルチカム・プロダクションをスピードアップ

Four images of the same soccer game showing the stadium, players and audience highlighting how to work with multi camera angles on MediaCentral

編集ワークステーションから離れて、より洞察に富んだ試合の分析シーケンスと選手のプロフィールを作成しましょう。グループ・クリップのサポートにより、クリップをシングルアングルまたはマルチアングル・ビューとして記録および表示できます。一度に最大9個のカメラ・アングルを表示でき、操作はラップトップまたはモバイル・デバイスから直接行えます。その後、最も説得力のあるアングルをタイムラインにドラッグ・アンド・ドロップしてシーケンスを構成し、ストーリーをすばやく組み立てることができます。

最高のパフォーマンスと信頼性を実現

MediaCentral provides the system security and robustness you need for round-the-clock operation.
MediaCentralは、24時間体制の運用に求められるシステム・セキュリティと堅牢性を提供します。すべてのシステム・データは複数のサーバー間でミラーリングされ、最高レベルの信頼性が確保されているため、サーバーで障害が起きても運用が中断されることはありません。また、MediaCentralはWebインターフェースを使用してリモートで管理および保護できるため、サーバー・レベルのシステム管理が簡素化され、シン・クライアント・アーキテクチャがサポートされます。

ニーズに合わせてMediaCentralを構成

独自のスポーツ・プラットフォームを設計

MediaCentralは、あらゆる規模のスポーツ制作に合わせて調整およびスケーリングできます。アプリとサービスを追加するだけで、試合の収録からロギング、音声検索、高度な検索、グラフィック、再生コントロール、マルチプラットフォーム配信まで、チームを強化するために必要な機能を有効にできます。また、MediaCentralサブスクリプションなら、常に最新の状態を保っていつでも新機能にアクセスできます。オペレーションを合理化し、グローバルにファンの関心を高める方法をご覧ください。お問い合わせはこちら

Avidのすべてのスポーツ制作ソリューションを見る 

スタジオ全体をつなげる

スポーツ放送局でも、MediaCentralは多様なサードパーティのシステムとシームレスに統合するため、ワークフロー間をつないでオペレーション全体を合理化できます。コネクティビティ・ツールキットのMedia Suite APIを利用すれば、ビデオ・サーバー、編集ワークステーション、グラフィック・システム、テレプロンプター、その他の放送ソリューションをプラットフォームに接続できます。

ライブ・ビデオ・フィードのレコーディングを自動化

試合やスポーツ大会がいつ始まっても逃す心配はありません。MediaCentral | Captureオプションを使用すると、最大5つのライブ・フィードを同時にスケジュールして自動化し、より効率的にスポーツ・ビデオを管理できます。これは、同時試合、五輪競技、ワールドカップの試合、トーナメントなど、同時に行われるスポーツ対戦の報道に最適です。

MOSおよびActiveXデバイスと統合

MediaCentralは、MOS(メディア・オブジェクト・サーバー)プロトコルを完全にサポートしています。これは、ブロードキャスト・ジャーナリズム分野で広く使用され、制作システムと、メディア・サーバーなどの制御されたブロードキャスト・デバイス間の通信を可能にするプロトコルです。また、ActiveXコントロールもサポートされ、接続されたシステムとの緊密な統合を実現します。

制作環境をクラウドに拡張

MediaCentralにはMicrosoft Azureクラウドへの簡単な接続手段があり、自分のペースで制作環境を移すことができます。オンプレミス、プライベート・データ・センター、パブリック・クラウド、またはハイブリッド・モデルから、ビジネスに最適な方法を選択できます。MicrosoftのCognitive Servicesを通じてAI、音声認識、機械学習機能を活用すると、現在および過去のコンテンツ全体を対象に、正確かつ大規模に自動でメタデータをタグ付けできます。さらに、メディア分析のサポートにより、アーカイブされたコンテンツ全体に対する詳細な検索機能も実現されます。